第2回Tom Clancy’s Rainbow Six Siegeの大学対抗戦が開催

2/21〜2/22にTom Clancy’s Rainbow Six Siegeの大学対抗戦がDiscordのサーバー「大学生合同FPSサーバー」によって開催されました。

2月21日予選

21日終了時点のトーナメント表

今回約20チームが参加しており、約半分のチームが初出場、半分が前回の第1回目からの出場となりました。

東京デザインテクノロジーセンター専門学校は当日音信不通により棄権になったようです。

今大会は元プロリーグのプレイヤーも出場するレベルの高い大会となったようです。

また、今回初出場チームが前回好成績を残したチームに勝つという先が読めない試合展開もありました。

予選に勝ち抜いた「早稲田大学」「OCA大阪デザイン&IT専門学校」「仙台コミュニケーションアート専門学校」「大阪電気通信大学」の4校が2月22日の決勝配信へと進みました。

2月22日決勝

決勝はYouTubeで配信されています。

また、配信は実況がトンピ?さん、解説がふり〜ださんと有名な方2名の進行でした。

途中でTKなどハプニングが起こることもありましたが、勝ち残ったチームはどこも連携が取れてとても見所がある配信となっています。

早稲田大学vsOCA大阪デザイン&IT専門学校

早稲田のチーム名が「大学にいかんでええ!」に加え、プレイヤー名が遊戯王のエグゾディアに因んだ封印されし○○とネタが満載でした。

早稲田大学は第1回目も参加しておりその時は「帝京平成大学のここがすごい!」でした。

それに対し、大阪デザイン&IT専門学校「FAITH」は今大会が初参加となりました。

マップはカフェ・ドストエフスキー。

大会マップでは比較的新しいマップであまり完全に研究はされていないマップでした。

この試合は得点2vs7でFAITHが5点差をつけて勝利。

FAITHは全体的に細部までマップ研究を行っていたようでした。

仙台コミュニケーションアート専門学校vs大阪電気通信大学

仙台コミュニケーションアート専門学校は前回大会の優勝校、大阪電気通信大学はプロ選手が参加しているとても熱い試合となりました。

マップは海岸線。

途中で運営側のルールミスでリボストがあったものの、得点が8vs7で仙台コミュニケーションアート専門学校が勝利しました。

お互いがクラッチを決める場面もあり、プロレベルの試合が見えました。

OCA大阪デザイン&IT専門学校vs仙台コミュニケーションアート専門学校

こちらは前回大会と違いBO1でした。

初参加vs前回大会優勝の白熱した試合でしたが、勝利したのは初参加の「FAITH」でした。

マップはカフェ・ドストエフスキー。

今回もFAITHは前回の試合と同様とても戦術的な展開でした。

GK(仙台コミュニケーションアート専門学校)もクラッチを決めるなど先が読めない試合となっていました。

今大会は優勝商品もありました。

優勝者にはマークスマンのゲーミングバックパックとシージオリジナルグッズのパーカーが贈られるそうです。

決勝前の告知

決勝配信前に告知がありました。

主催は株式会社PACkage、大学生合同FPSサーバーが運営協力として今年の6月辺りに大学対抗戦が開催されます。

また、今回はオンライン予選、オフライン決勝とオフラインでの試合が見えるようになるそうです。

スポンサーにも大手会社があるそうなので資金もありそうですね。

詳細はまだ発表されていないようなのでしばらく待ちましょう。

高校生大学生から自作PCを始めた方がいい理由

結論から言うともし興味がある場合は低予算でもいいので可能な限り早い段階から始めましょう。

学生のうちに自作PCを始めた方が良い理由のメリット・デメリットを纏めてみました。

始めるメリット

 

1.進路の参考になる

私がメリットとして考えている部分はほとんどこの部分が大きく、私が大学に進学する際に大きく関わった点です。


私は中学校3年の時に自作PCに興味を持ち、高校1年で初めてPCを組み立てました。そこからPC関係に興味を持ち大学で現在電気回路・電子回路を学んでいます。


自作PCに出会っていないと恐らく今の学科に進もうとは思わなかったと思います。

 

2.パソコンの修理・換装

 

パソコンのパーツが壊れた際にそのパーツを交換できるようになります。もしパソコンが壊れた時に何も知識が無いと本体ごと修理に出す、もしくは丸ごと買い替える場合が多いと思います。

 

自作することでパーツごとの修理が可能になります。購入した企業に修理に出すよりも早く直り、本体ごと買い替えることがないので費用も安く済みます。

 

また、もともと使っていたパーツはフリマアプリやネットオークションなどに出品して次のパーツの購入代金にすることもできますし、そのまま置いといてパーツが故障したときに次のパーツが用意できるまでの繋ぎにもなります。

 

私は、パーツの繋ぎと不調になった際にもともとの動くパーツを入れ替えることで故障個所を探すことにも使用しています。

 

3.将来ほぼ必ず役にたつ

 

これは1の進路と少し被る部分もありますが、将来必ずと言ってもいいほど役に立ちます。

 

今社会に出るとパソコンはほぼ必須になります。厚生労働省が発表しているデータによると、コンピュータ機器を使用している事業所の割合は97.0%(平成15年度)となっています。既に97%はパソコン関係を使用しているんですね。

 

現在学生の方は社会に出たとき恐らくよりパソコンを使用率は上がっています。

 

現在では建設・設備業でも90%を超えるようになっています。

 

社会に出た友達によく聞きますが、上司や同僚が全くパソコンのハードを知らなくて苦労するそうです。

 

4.同じ性能のパソコンでも安くできる

既に完成しているBTOなどを買うよりも安く作れる場合が多いです。

 

理由としてはいろいろなサイトから同じパーツでも最安値を選べたり、ポイント還元率がいい場合が多いからです。

 

例えば有名なBTOショップの「ドスパラ」の場合、全てドスパラで購入した場合BTOの方が安くなりますが、他サイトを併用することで安くなります。

 

 

始めるデメリット

 

1.お金がたくさんかかる

言わずもがな、初めて組み立てるときは全て中古で5万円弱で組み立てましたがお金は結構かかります。

 

最初だから何もない。CPU買って、マザーボード買って、メモリ買って、グラボ買ってなどたくさんかかります。

 

一回組み立てしまえばあとはパーツを少しずつ変えるだけなので最初ほど一気にかかることは少ないと思います。

 

2.新品でも一瞬で壊れる可能性がある

パーツは全て電子機器です。

特にマザーボードやグラフィックボードは基盤がむき出しになっています。

 

電子基板は静電気に弱く少しパチッと静電気が走っただけで数万円のパーツが壊れる可能性もあります。

 

ただ、静電気に関しては予防が可能なのでそんなに気にすることもない部分ではあります。

 

3.(学生の場合)勉強との両立が難しい場合もある

私はこれに痛い思いをしました。

 

実は私はパソコンに熱中するあまり、高校の時留年しそうになりました。

 

やはりパソコンって高級じゃないですか?壊したくないじゃないですか。

 

始める前にそりゃたくさん勉強しますよ。

 

そんなことしてると勉強がおろそかになる可能性もあるので気を付けてください。

 

 

まとめ

  • 自作PCは早めに始めよう
  • 自作PCは将来役にたつ知識がたくさんつく
  • 組み立て済みより安く組める
  • 熱中しすぎは注意