予算14万自作PC組み立て例

友達から予算14万程度ですべて新品で作って欲しいと言われたので組み立て例を出します。

訂正:CPUの価格を26644→16498

上から順番に選んだ理由を説明します。

OS

これは今後の拡張性や付け替えなども考えてDSP版にしました。

SSDを別にしてパッケージ版を買うことも考えましたが、その場合金額が5000円程度高くなるので断念しました。

またまとまったお金ができたら増設するとのことだったので、240GBでほぼOSと一部アプリのみに使用する予定です。

 

CPU

あまりCPUを使う作業はしないらしいので型落ちの少し安くなっているRyzen 2600を選択しました。

配信はしないけどゲームはするとのことでこれを選んでいます。

 

マザーボード

マザーボードは第一が値段、次に性能で選んでいます。

拡張はあまりしないそうなので、今後のケースを考えてMicro ATXにしました。

また、SSDが240GBなので増設する場合を考えてSATAが少し多めでM.2も使用できるマザボにしました。

光るパソコンがいいらしいので、ロゴやヒートシンクが光るのも選んだ理由です。

 

メモリ

ゲームしかしないそうですが、今後ゲームとなにかソフトを同時起動したり、別で作業する場合も考えて8GBではなく16GBにしました。

速度も気にしないのでDDR4-2666の少し休めのものにしました。

 

GPU

ゲームがメインなのでグラボを重要視しました。

今ならRTX 2060 superが一番買いやすく高性能なのでこれを選びました。

144Hzを基準に恐らくこの程度の性能があれば困ることはないと思います。

 

HDD

HDDは3TB辺りが一番コスパがいいと思います。

1TB2TBだとゲームをたくさん入れると足りない場合が多いので3TB程度あれば足りると考えました。

5TB以上だと使いきれないうえに、値段も高くなるので選んでいません。

 

電源

RTX 2060 superを積んでいて500Wだと不安なので少し多めの550Wにしています。

また、この電源はプラグイン対応していていらないケーブルを纏めて外せるので配線がしやすいです。

 

ケース

完全にデザイン重視で選びました。

正面と側面が透明でファンやマザボを光らせるために透明なケースを選びました。

 

 

 

以上が主に選んだ理由になります。

次は組み立てたときの手順を少しだけ画像を交ぜながら解説したいと思います。

自作PCを作るまで【後編】

組み立てより前の手順は1つ前の記事を参照してください。

4.組み立て開始

全てパーツが届くといよいよ組み立て開始です。

私の組み立て手順は

  1. CPUとCPUクーラーをマザーボードに取り付ける
  2. メモリをマザーボードに取りつける
  3. マザーボードをケースに取り付ける
  4. 電源をケースに取り付ける(配線はまだしない)
  5. グラフィックボードを取り付ける
  6. HDD、SSDを取り付ける
  7. 電源の配線をする
  8. ケースの電源ボタンやファンの配線をする

本当にこれだけで完成です。

ね、簡単でしょ?(とあるペンギン風に)

ただ、注意しないといけないことはたくさんあります。

静電気はもちろんの事、グラフィックボードを取り付ける際にマザーボードのコンデンサ類を取ってしまったり、ケーブル配線を間違えたりなど不注意で起こることもありますのであまりざっくりするのもよくありません。

 

 

5.OSのインストール

もう90%は完成しています。

残りはOSをwindowsやLinuxのインストールをしましょう。

詳しいやり方は使用するマザーボードによって違う場合があるのでネットで調べるなどしてインストールしてください。

 

6.ドライバをインストール

OSインストールするだけではCPUやマザーボード、グラフィックボードは全ての機能を使用することは出来ません。

それぞれに合ったドライバをインストールしてください。

下はグラフィックボードのドライバです。

 

だいたいは付属しているディスクにインストールされているのでそれを入れるのが一番簡単な方法です。

ただ、最新バージョンではないことが多いです。その際、公式サイトで最新バージョンをダウンロードしましょう。

ディスクのドライバをインストールしてからアップデートでも問題ありませんので最新バージョンにはしましょう。

 

 

 

以上でパソコンとして機能します

自作PCを作るまで【前編】

自作PCを作るにはまず何をどうしたらいいのか?

私がゲーミングPCを作成するときの手順を詳しく紹介します。

※ある程度自作PCの勉強済みで話を進めます。

1.用途を決めて必要スペックを調べよう

まずは用途を決めてください。

〇〇のゲーム出来るPCにしたい!だったり、配信もできるようにしたい!だったりそのパソコンで何をしたいかを決めてください。

決まったらそのゲーム・アプリの必要スペックを調べましょう。

例でApex Legendsを出すと公式ページに推奨設定を確認してください。

この時に必要動作環境で組まないようにしましょう。

必要動作環境はそのゲームが遊べる最低限のスペックという意味です。

推奨設定でようやくPS4より少し上ぐらいになるので必ず推奨以上にしてください。

2.予算を決めよう

だいたい大まかな予算を決めます。

CPUは何万円、メモリは最低何GB必要だから何千円、HDDは最低何GB欲しいから何千円などある程度パーツごとに必要な予算を決めましょう。

予算は無理に下げすぎない方がいいです。

私は無理矢理下げて大損したことが昔ありました。

大は小を兼ねるという言葉がある通り、パーツを選ぶ際は推奨の1つ上のスペックが買えるぐらいの予算を設定しましょう。

3.パーツを選びましょう

いろいろなサイトを使ってどのパーツをどのサイトで買うと一番安く買えるかを見つけてください。

Amazonや楽天はもちろんの事、ドスパラやパソコン工房などといったパソコン専門のサイトも利用しましょう。

私の場合、楽天とドスパラを利用することが多いと思います。

理由は楽天の場合ポイントが多くつくというのと、ドスパラはプレミアムプランに登録しておりポイントがたくさんつく&比較的安いという点で使用しています。

上記は新品を買う場合を紹介会いましたが、中古のパーツを買うというのもありだと思います。

 

中古のパーツを買うときは注意してください。

CPUやメモリなどは中古でも問題ありませんが、初心者の方はマザーボードやHDD、電源は必ず新品を買うようにしましょう。

マザーボードなどは消耗品と考えた方がいいです。

自作歴6年で組み立てた台数は20台以上ですが、電源だけは中古を買わないようにしています。

中古はやめた方が良いリスト

  • 電源
  • HDD
  • マザーボード
  • グラフィックボード
  • CPUクーラー

 

 

4.組み立てへ