予算14万自作PC組み立て例

友達から予算14万程度ですべて新品で作って欲しいと言われたので組み立て例を出します。

訂正:CPUの価格を26644→16498

上から順番に選んだ理由を説明します。

OS

これは今後の拡張性や付け替えなども考えてDSP版にしました。

SSDを別にしてパッケージ版を買うことも考えましたが、その場合金額が5000円程度高くなるので断念しました。

またまとまったお金ができたら増設するとのことだったので、240GBでほぼOSと一部アプリのみに使用する予定です。

 

CPU

あまりCPUを使う作業はしないらしいので型落ちの少し安くなっているRyzen 2600を選択しました。

配信はしないけどゲームはするとのことでこれを選んでいます。

 

マザーボード

マザーボードは第一が値段、次に性能で選んでいます。

拡張はあまりしないそうなので、今後のケースを考えてMicro ATXにしました。

また、SSDが240GBなので増設する場合を考えてSATAが少し多めでM.2も使用できるマザボにしました。

光るパソコンがいいらしいので、ロゴやヒートシンクが光るのも選んだ理由です。

 

メモリ

ゲームしかしないそうですが、今後ゲームとなにかソフトを同時起動したり、別で作業する場合も考えて8GBではなく16GBにしました。

速度も気にしないのでDDR4-2666の少し休めのものにしました。

 

GPU

ゲームがメインなのでグラボを重要視しました。

今ならRTX 2060 superが一番買いやすく高性能なのでこれを選びました。

144Hzを基準に恐らくこの程度の性能があれば困ることはないと思います。

 

HDD

HDDは3TB辺りが一番コスパがいいと思います。

1TB2TBだとゲームをたくさん入れると足りない場合が多いので3TB程度あれば足りると考えました。

5TB以上だと使いきれないうえに、値段も高くなるので選んでいません。

 

電源

RTX 2060 superを積んでいて500Wだと不安なので少し多めの550Wにしています。

また、この電源はプラグイン対応していていらないケーブルを纏めて外せるので配線がしやすいです。

 

ケース

完全にデザイン重視で選びました。

正面と側面が透明でファンやマザボを光らせるために透明なケースを選びました。

 

 

 

以上が主に選んだ理由になります。

次は組み立てたときの手順を少しだけ画像を交ぜながら解説したいと思います。

パソコンは家電量販店で買わない方が良い理由

大学生は家電量販店(提携メーカーを除く)でパソコンを買うことをオススメしません。

理由はいくつかあるので説明します。

 

 

無駄な機能が多い

家電量販店でパソコンを買う場合余計なソフトが多く入っている場合があります。

余計なソフトが入っていることで値段が高くなったり、ソフトが常駐していることで動作が重くなったりします。

また、正月近くなどでは年賀状作成ソフトなどほぼ大学生に必要ないソフトが入っている場合もあります。

 

 

値段が高い

 

上でも挙げたようにソフトがたくさん入っている事によって値段が高くなる傾向にあります。

Microsoft officeやウイルスセキュリティなどが事前に入っているのはいいことですが、それによってコストが高くなってしまいます。

以前の記事でも投稿しましたが、大学生の場合、Microsoft officeは無料でインストールできますし、ウイルスセキュリティは安くて機能のいいものもあるので既にソフトがインストールされている必要はありません。

 

 

性能があまり高くない

 

 

私の場合、電気系の学科ではレポートなどで電気回路のシミュレーションを行う場合があります。

ネットでレポートを提出する講義も増え、ネットで調べながらレポートを書き、ネットで提出するときにCPUやメモリが弱いと作業効率が下がります。

ゲームをすると考えると絶対やめた方がいいです。

性能が低く、10万程度のパソコンだとFPSが満足にできない可能性があります。

私の友達が家電量販店で14万でパソコンを購入していましたが「Apex Legends」が60FPSまともに動かないそうです。

ケースもギリギリサイズの物が多く、拡張性がほぼ無いのも特徴です。

 

 

ならどこで買えばいいの?

ネットでBTOパソコンを買いましょう。

BTOパソコンについては以前の記事で説明しているのでこの記事を参照してください。

下記の方にBTOパソコンを購入をオススメしています。

  • 保証が効くようにしたい人
  • 無駄なソフトが入ってない方がいい人
  • シミュレーションなど負荷がかかる作業をする人
  • ゲームをしたい人

サイトはドスパラやパソコン工房がおすすめです。

ただドスパラは他サイトと比較すると保証期間が短く、一回注文するとキャンセルできなくなるのでパソコン初心者の方には少し難易度が高いかもしれません。

まとめ

今回は家電量販店でパソコンを買うのはあまりオススメできない点を挙げさせていただきました。

悪いことばかり書いていますが、家電量販店では壊れた際の対応が厚いのでパソコン初心者の方は家電量販店で買うのもいいかもしれません。

ただほぼ確実にゲームができるパソコンは少ない、もしくはとてつもなく高いのでゲーム目当てで買うのはやめましょう。

 

BTOって結局どうなの?

結論:安い!!!!!!

ただし、全て新品でカスタマイズしない場合に限ります
なんであんなに安いんですかね?
お金に余裕がある人はBTOを買ってパーツを換装するのがいいと思います。

 

ドスパラとか特に安いですよね。

BTOがなぜあんなに安くなるのか解説します。

自社のオリジナルパーツを使用している

ケースや電源がオリジナルのものになっている物もたくさんあります。

各メーカーのケースにはGALLERIAやG-Tuneなどロゴが入ってるケースが使われています。

また、電源もケースに合わせて作られている物も多くあり、ケーブルの長さやモデルの種類によって電源容量が調整されています。

専用モデルを大量に仕入れることで安くできているそうです。

専用のOSがある

BTOなどメーカー製のwindowsはOEM版というメーカーが別で作られたOSを使用しています。

私のサブPCはドスパラのBTOを使用しています

OEM版は少し特殊な表示になっています。

コントロールパネルのシステム

コントロールパネルのシステム画面に各メーカーのロゴが表示されます。

また、サポートの連絡先がMicrosoftではなく、各メーカーになっています。

OEM版は通常のパッケージ版よりも安く仕入れることが可能です。

パッケージ版と大きく異なるところはないので特に問題はないと思います。

 

 

 

 

メーカー別オススメCPU紹介

自作PCを組むときにCPUに悩むことが多いと思います。

Intel?AMD?なにがどう違うの?

CPUのメーカー別にオススメ順で紹介します。

価格はドスパラ価格です。また、スペック表は他サイトから引用しています。

 

Intel編

Core i5 9500 BOX      23,980円

 

私はIntelで一番入門にいいと思っています。

動作クロックが3.0GHzで6コア6スレッドのゲームをする際には十分なスペックを持っています。

ゲーム以外の作業も基本的には不自由しないでしょう。

ただ、ゲームと同時に配信や録画をすると少しカクつく場合があるかもしれません。

少し上位互換モデルに「Core i5 9600K BOX」がありますが、こちらは少し上級者向けCPUになります。

core i〇 〇〇00Kと最後にKがついているモデルはオーバークロックモデルとなり、消費電力が大きくなります。

オーバークロックはCPUの補償対象外になるに加え、壊れやすくなるのでオススメはしません。

 

 

Core i7 9700F BOX      34,000円

 

このCPUは上記のCore i5 9600K BOXの上位互換になります。

動作クロック自体は下がっていますが、コア数スレッド数は増えています。

この程度あれば配信や動画編集も止まることなく出来る基準になるのでもしYouTubeやニコ動を始めたい人はこれぐらいのCPUを基準にするのが一番いいです。

この性能で34,000円はとても安い部類になっています。

これには裏があります。

このCPUは映像出力機能がありません。

グラフィックボードを使用する前提のCPUになります。

core i〇 〇〇00Fと最後にFがついているものは全てグラフィック機能が付いていませんので気を付けてください。

 

Core i3 9100F BOX      9,320円

 

上のi7と同じくグラフィック機能を無くした代わりに安くなり買いやすくなったCPUです。

4コア4スレッドの代わりに3.6GHzになっているモデルです。

お金に余裕がない場合は考えても問題ありませんが、物理演算を多用することが多いソフトなどの使用はオススメできません。

私だともう少しお金を貯めて上位互換の「Core i5 9500 BOX」を買う方がいいかもしれません。

ただ安く仕上げたいときに利用するといいと思います。

 

 

AMD編

Ryzen 5 2600 BOX      14,270円

最強!無敵!安い!これ買っとけば間違いなし!

このCPUは一番オススメしています。

クロック数は3.4GHzでコア数6スレッド数12のコスパ最強CPUです。

キャッシュが16MBで最新モデルの半分しかありませんが、初めて作成する場合あまり気になるほどではないと思います。

私もサブPCで使用していますが、物理演算が比較的多い「Rainbow Six Siege」と配信を同時に行っても止まることはありませんでした。

実際このモデルは型落ちで最新モデルが出ていますが、大きい差はなく、値段は1万以上違うので型落ちの2600をオススメします。

 

Ryzen 5 3600 BOX      26,378円

 

「Ryzen 5 2600 BOX」の1つ後の世代の最新モデルです。

上との違いは動作クロックと消費電力です。

動作クロックが0.2GHz上がりL3キャッシュが2倍になりました。

また、メモリの対応最大スピードが少し上がっています。

来週にこのCPUを使用してパソコンを組み立てる予定ですので、またその際にベンチマーク等も載せたいと思います。

 

Ryzen 3 3200G BOX      12,980円

 

4コア4スレッドの3.6GHzの最新世代と入門にはちょうどいい価格になっています。

ただ、同じぐらいの値段で1つ上のRyzen5が買えるとなると私はあまり使用はしないと思います。

Ryzen5と違ういいところはディスプレイ出力ができる点です。

ゲーム用ではなく、ネットブラウジングやWord、Excelなどグラフィックボードを積まない作業をする場合はとてもオススメできます。

 

 

 

まとめ

ゲーム用途でコスパ重視ならRyzen一択でしょう。

ゲーム以外にも使用するならIntelがいいと思います。

Ryzen5 2600がオススメですので他サイトも参照しながら買ってみてください。

自作PCを作るまで【後編】

組み立てより前の手順は1つ前の記事を参照してください。

4.組み立て開始

全てパーツが届くといよいよ組み立て開始です。

私の組み立て手順は

  1. CPUとCPUクーラーをマザーボードに取り付ける
  2. メモリをマザーボードに取りつける
  3. マザーボードをケースに取り付ける
  4. 電源をケースに取り付ける(配線はまだしない)
  5. グラフィックボードを取り付ける
  6. HDD、SSDを取り付ける
  7. 電源の配線をする
  8. ケースの電源ボタンやファンの配線をする

本当にこれだけで完成です。

ね、簡単でしょ?(とあるペンギン風に)

ただ、注意しないといけないことはたくさんあります。

静電気はもちろんの事、グラフィックボードを取り付ける際にマザーボードのコンデンサ類を取ってしまったり、ケーブル配線を間違えたりなど不注意で起こることもありますのであまりざっくりするのもよくありません。

 

 

5.OSのインストール

もう90%は完成しています。

残りはOSをwindowsやLinuxのインストールをしましょう。

詳しいやり方は使用するマザーボードによって違う場合があるのでネットで調べるなどしてインストールしてください。

 

6.ドライバをインストール

OSインストールするだけではCPUやマザーボード、グラフィックボードは全ての機能を使用することは出来ません。

それぞれに合ったドライバをインストールしてください。

下はグラフィックボードのドライバです。

 

だいたいは付属しているディスクにインストールされているのでそれを入れるのが一番簡単な方法です。

ただ、最新バージョンではないことが多いです。その際、公式サイトで最新バージョンをダウンロードしましょう。

ディスクのドライバをインストールしてからアップデートでも問題ありませんので最新バージョンにはしましょう。

 

 

 

以上でパソコンとして機能します

自作PCを作るまで【前編】

自作PCを作るにはまず何をどうしたらいいのか?

私がゲーミングPCを作成するときの手順を詳しく紹介します。

※ある程度自作PCの勉強済みで話を進めます。

1.用途を決めて必要スペックを調べよう

まずは用途を決めてください。

〇〇のゲーム出来るPCにしたい!だったり、配信もできるようにしたい!だったりそのパソコンで何をしたいかを決めてください。

決まったらそのゲーム・アプリの必要スペックを調べましょう。

例でApex Legendsを出すと公式ページに推奨設定を確認してください。

この時に必要動作環境で組まないようにしましょう。

必要動作環境はそのゲームが遊べる最低限のスペックという意味です。

推奨設定でようやくPS4より少し上ぐらいになるので必ず推奨以上にしてください。

2.予算を決めよう

だいたい大まかな予算を決めます。

CPUは何万円、メモリは最低何GB必要だから何千円、HDDは最低何GB欲しいから何千円などある程度パーツごとに必要な予算を決めましょう。

予算は無理に下げすぎない方がいいです。

私は無理矢理下げて大損したことが昔ありました。

大は小を兼ねるという言葉がある通り、パーツを選ぶ際は推奨の1つ上のスペックが買えるぐらいの予算を設定しましょう。

3.パーツを選びましょう

いろいろなサイトを使ってどのパーツをどのサイトで買うと一番安く買えるかを見つけてください。

Amazonや楽天はもちろんの事、ドスパラやパソコン工房などといったパソコン専門のサイトも利用しましょう。

私の場合、楽天とドスパラを利用することが多いと思います。

理由は楽天の場合ポイントが多くつくというのと、ドスパラはプレミアムプランに登録しておりポイントがたくさんつく&比較的安いという点で使用しています。

上記は新品を買う場合を紹介会いましたが、中古のパーツを買うというのもありだと思います。

 

中古のパーツを買うときは注意してください。

CPUやメモリなどは中古でも問題ありませんが、初心者の方はマザーボードやHDD、電源は必ず新品を買うようにしましょう。

マザーボードなどは消耗品と考えた方がいいです。

自作歴6年で組み立てた台数は20台以上ですが、電源だけは中古を買わないようにしています。

中古はやめた方が良いリスト

  • 電源
  • HDD
  • マザーボード
  • グラフィックボード
  • CPUクーラー

 

 

4.組み立てへ

高校生大学生から自作PCを始めた方がいい理由

結論から言うともし興味がある場合は低予算でもいいので可能な限り早い段階から始めましょう。

学生のうちに自作PCを始めた方が良い理由のメリット・デメリットを纏めてみました。

始めるメリット

 

1.進路の参考になる

私がメリットとして考えている部分はほとんどこの部分が大きく、私が大学に進学する際に大きく関わった点です。


私は中学校3年の時に自作PCに興味を持ち、高校1年で初めてPCを組み立てました。そこからPC関係に興味を持ち大学で現在電気回路・電子回路を学んでいます。


自作PCに出会っていないと恐らく今の学科に進もうとは思わなかったと思います。

 

2.パソコンの修理・換装

 

パソコンのパーツが壊れた際にそのパーツを交換できるようになります。もしパソコンが壊れた時に何も知識が無いと本体ごと修理に出す、もしくは丸ごと買い替える場合が多いと思います。

 

自作することでパーツごとの修理が可能になります。購入した企業に修理に出すよりも早く直り、本体ごと買い替えることがないので費用も安く済みます。

 

また、もともと使っていたパーツはフリマアプリやネットオークションなどに出品して次のパーツの購入代金にすることもできますし、そのまま置いといてパーツが故障したときに次のパーツが用意できるまでの繋ぎにもなります。

 

私は、パーツの繋ぎと不調になった際にもともとの動くパーツを入れ替えることで故障個所を探すことにも使用しています。

 

3.将来ほぼ必ず役にたつ

 

これは1の進路と少し被る部分もありますが、将来必ずと言ってもいいほど役に立ちます。

 

今社会に出るとパソコンはほぼ必須になります。厚生労働省が発表しているデータによると、コンピュータ機器を使用している事業所の割合は97.0%(平成15年度)となっています。既に97%はパソコン関係を使用しているんですね。

 

現在学生の方は社会に出たとき恐らくよりパソコンを使用率は上がっています。

 

現在では建設・設備業でも90%を超えるようになっています。

 

社会に出た友達によく聞きますが、上司や同僚が全くパソコンのハードを知らなくて苦労するそうです。

 

4.同じ性能のパソコンでも安くできる

既に完成しているBTOなどを買うよりも安く作れる場合が多いです。

 

理由としてはいろいろなサイトから同じパーツでも最安値を選べたり、ポイント還元率がいい場合が多いからです。

 

例えば有名なBTOショップの「ドスパラ」の場合、全てドスパラで購入した場合BTOの方が安くなりますが、他サイトを併用することで安くなります。

 

 

始めるデメリット

 

1.お金がたくさんかかる

言わずもがな、初めて組み立てるときは全て中古で5万円弱で組み立てましたがお金は結構かかります。

 

最初だから何もない。CPU買って、マザーボード買って、メモリ買って、グラボ買ってなどたくさんかかります。

 

一回組み立てしまえばあとはパーツを少しずつ変えるだけなので最初ほど一気にかかることは少ないと思います。

 

2.新品でも一瞬で壊れる可能性がある

パーツは全て電子機器です。

特にマザーボードやグラフィックボードは基盤がむき出しになっています。

 

電子基板は静電気に弱く少しパチッと静電気が走っただけで数万円のパーツが壊れる可能性もあります。

 

ただ、静電気に関しては予防が可能なのでそんなに気にすることもない部分ではあります。

 

3.(学生の場合)勉強との両立が難しい場合もある

私はこれに痛い思いをしました。

 

実は私はパソコンに熱中するあまり、高校の時留年しそうになりました。

 

やはりパソコンって高級じゃないですか?壊したくないじゃないですか。

 

始める前にそりゃたくさん勉強しますよ。

 

そんなことしてると勉強がおろそかになる可能性もあるので気を付けてください。

 

 

まとめ

  • 自作PCは早めに始めよう
  • 自作PCは将来役にたつ知識がたくさんつく
  • 組み立て済みより安く組める
  • 熱中しすぎは注意

セール中のオススメディスプレイ「hp 25x」特徴解説

本日は個人的にコスパのいいゲーミングモニター「HP 25x」を紹介します。
楽天にもありますので合わせて載せておきます。

【1/28 1:59まで10%OFFクーポン&ポイント最大31倍】 ゲーミングモニター 144hz 24.5型 狭縁 フルHD HP 25x (型番:3WL50AA#ABJ)1920×1080 1677万色 24.5インチ 液晶モニター 新品 モニター 同等クラス最安値級 G-SYNC Compatible

価格:22,000円
(2020/1/29 15:08時点)
感想(4件)

このモニターの特徴と私が推している点を軽く紹介します。

144Hzではとても安い

やはりPCゲーマーとしては144Hzモニターが必須になるでしょう。やはりPCでゲームをする場合60fpsと144fpsでは全然世界が違います。Amazonでは25000円超える場合が多いので税込み22000円で買えるのはなかなかいいのではないでしょうか。私自身はFPSや音楽ゲームをメインで遊んでいるので144Hzは最低条件にです。

ただ、HDMIではできなくDisplayPortでないと144Hz出ないので注意してください。

応答速度が1msである

上述のようにFPSと音ゲーがメインの場合、反応速度も重要になってきます。
最近は安くても1ms対応が多いので気にすることはないかもしれません。
Amazonでも0.6msとかありますからね…

AMD FreeSyncが使える

AMD FreeSyncとは?
AMDの独自ディスプレイ同期技術で、画面のテアリングを防止するための機能です。

引用元: https://www.4gamer.net/games/295/G029549/20150319126/

画像のように左右にずれるのを防いでくれます。AMDとついてますが、Geforceシリーズでも最近対応したので問題ありません。この機能は高フレッシュレートになるとほぼ必須になるのではないかと考えています。

現在私は注文中ですので、届いたときにレビュー記事を出そうと思いますのでそちらもお願いします。