BTOって結局どうなの?

結論:安い!!!!!!

ただし、全て新品でカスタマイズしない場合に限ります
なんであんなに安いんですかね?
お金に余裕がある人はBTOを買ってパーツを換装するのがいいと思います。

 

ドスパラとか特に安いですよね。

BTOがなぜあんなに安くなるのか解説します。

自社のオリジナルパーツを使用している

ケースや電源がオリジナルのものになっている物もたくさんあります。

各メーカーのケースにはGALLERIAやG-Tuneなどロゴが入ってるケースが使われています。

また、電源もケースに合わせて作られている物も多くあり、ケーブルの長さやモデルの種類によって電源容量が調整されています。

専用モデルを大量に仕入れることで安くできているそうです。

専用のOSがある

BTOなどメーカー製のwindowsはOEM版というメーカーが別で作られたOSを使用しています。

私のサブPCはドスパラのBTOを使用しています

OEM版は少し特殊な表示になっています。

コントロールパネルのシステム

コントロールパネルのシステム画面に各メーカーのロゴが表示されます。

また、サポートの連絡先がMicrosoftではなく、各メーカーになっています。

OEM版は通常のパッケージ版よりも安く仕入れることが可能です。

パッケージ版と大きく異なるところはないので特に問題はないと思います。

 

 

 

 

One thought to “BTOって結局どうなの?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です